本の記事寄稿
枚の写真寄稿
年間の射撃歴

ブログ

Free HTML5 Website Template by freehtml5.co

現代のU.Sスティールチャレンジ Vol.1

ここ数年、アメリカのスティールチャレンジに関しての情報は専門誌に載ることもなく、僕も詳しく書くことはしてきませんでした。ただ、折角ですので、僕が経験したことが誰かの役に立つことがあるかもしれないと思い、JSCが数日前に開

もっと読む
Free HTML5 Website Template by freehtml5.co

現代のU.Sスティールチャレンジ Vol.2

Vol.1までの話 サンルイスポオビスポへの道中、何と後続車から追突され、途中で1時間近く時間を失うと言うトラブルに見舞われます。それでも午後2時過ぎには試合会場に到着し練習時間は確保できました。車は、左のサイドミラーを

もっと読む
Free HTML5 Website Template by freehtml5.co

現代のU.Sスティールチャレンジ Vol.3

Vol.1のお話 Vol.2までのお話 「シューティングスピードを落としてアキュラシーを上げる。」 このセオリーは今でも間違いではありません。やはり速く撃つということは、言葉を悪く言えば何かをテキトーにするとも言えます。

もっと読む

動     画

2016 Steel National Championships
First Shot under .90 sec Muneki Samejima + Blade-Tech
USPSA Classifier CM03-05
USPSA Hosemaster 4/23/2016 All 4 stages in 90 sec

射撃体験・クリニック

コメント

“日本人トップシューター、Muneki氏とのアメリカはアリゾナでの2日間のトレーニングを私は受講しました。彼はUSPSA/スティールチャレンジにおいてのグランドマスター・シューターであり、また銃器雑誌のフォトグラファー/ライターでもあります。日本ではエアソフトガン・シューターとして、活躍しアメリカに移住後は、プロフェショナル・シューターになると言う夢を追いかけています。エアソフトガン・シューターにとって、実銃のリコイルは大きな障害となります。Muneki氏は、段階を踏みながら私にエアソフトガンと実銃の違いを教えてくれました。最終的に私は、正しく効果的な技術とリコイル・コントロールが何なのかを学ぶことが出来ました。今後、私はエアソフトガンでも彼から学んだことを練習で取り入れていくつもりです。いつの日か、彼の技術レベルに到達して、本物の世界で彼と競いたいと思っています。今回はありがとうございました!あなたのアメリカでの目標が達成されることを願っています!”
—— Joe Lau (ジョー・ルー “香港アクション・エアーIPSCチャンピオン”)